大盛況!「ごちそう ふくしま満喫フェア2010」

 福島県では、豊かな農林水産資源をもとに、一次・二次・三次産業の連携を進め、新たな産業を創出する「地域産業六次化」の取組みを進めています。
 そうした取組みのキックオフイベントとして、10月10、11日の2日間、郡山市のビッグパレットふくしまで「ごちそう ふくしま満喫フェア2010」を開催しました。2日間の来場者数は5万人超。会場内は熱気にあふれ、大いに盛り上がりました。
 今回のフェアのテーマは、「楽しもう!!ふくしまのごちそう」「取り組もう!!ふくしまのごちそう」「考えよう!!ふくしまのごちそう」の三つ。場内には、120を超えるブースが設けられ、長蛇の列ができるところや、用意した商品がすべて売切れになるところもありました。
 ほかにも、本県ゆかりの有名シェフによる料理ショーや、「ふくしま・地域産業六次化ネットワーク総合アドバイザー」である東京農業大学の小泉武夫名誉教授による記念講演、食品加工に関する研究成果の展示・発表、さらには、県産魚を使った魚のさばき方体験などが行われました。
 今回のフェアを通し、来場された皆様には、「ふくしま」の農林水産物の素晴らしさを再発見いただき、事業者の方々には六次化に向けた手ごたえを感じていただけたのではないかと思います。
 今後とも、農林水産業者や商工業者、消費者のきずなを礎としながら、食産業を振興し、活力あふれる福島県を実現してまいります。

お問い合わせ
福島県農産物安全流通課
電話番号 024-521-7371

fukushima201011-1.JPG

多くの来場者でにぎわうフェア会場

fukushima201011-2.JPG

県産魚を使った魚のさばき方体験