社会全体で子育てを応援!「きょうと育児の日」制定

 府内商工・経済団体や地元紙、NPO、市町村、京都府などで構成する「きょうと子育て応援事業推進委員会」は、子育ての意義や家庭が果たす役割、家族の絆の大切さについて、社会全体でより意識を高めようと、毎月19日を「きょうと育児の日」に制定しました。各団体が連携・協働しながら、家族そろっての食事や対話、父親の育児参加、「ノー残業デー」の推進など、家族で、職場で、地域で、子育てに取り組む意識を高めようとするものです。
 制定にあわせ、ロゴマークデザインを公募したところ、府内はもとより全国から200を超える素晴らしい作品の応募がありました。京都在住の絵本作家である永田萠さんにも審査に参加いただき、このたび、子供を家族や地域社会がすこやかにのびのびとはぐくみ育てるイメージの作品に決定しました。
 さらには、この11月を「きょうと育児の日制定記念キャンペーン」月間とし、子育て家庭を対象に割引などが受けられる「きょうと子育て応援パスポート」の協賛企業や市町村などのご協力を得て府内各地で関連イベントを実施。「きょうと育児の日」の普及を通して、社会全体で子育てを応援する気運をより一層高め、「子育てに優しい京都府づくり」を進めていきます。

お問い合わせ
京都府健康福祉部こども未来課
電話番号 075-414-4581
HP http://www.pref.kyoto.jp/ikujinohi/

kyoto201011.jpg
決定したロゴマーク