「置賜の宝発掘プロジェクト」進行中!

 置賜(おきたま)地域は、山形県の南部、米沢市、長井市、南陽市などの3市5町からなり、NHKの大河ドラマ「天地人」の主人公・直江兼続や、上杉鷹山を輩出した歴史と文化のあふれる地域です。
 また、明治初期に英国の旅行家イザベラ・バードがこの地を訪れ、その実り豊かな大地と人情の温かさから『東洋のアルカディア(理想郷)』と賞賛した土地でもあります。
 このような歴史、文化、風土を背景として、県置賜総合支庁、3市5町の文化担当課と各市町の芸術文化協会で組織する『置賜文化フォーラム』では、地域住民が文化に親しむ環境づくりを基本に広域的な文化事業を推進しています。
 しかし近年、地域住民や文化団体等との関係が希薄化してきていたため、事業を通じて新たな協働のきっかけづくりをしたいと考えました。
 そこで、今年度から、地域に住んでいる多くの人々を巻き込むことを旨として地域資源を発掘して内外に発信する事業に取り組むこととしました。
 若者グループ、NPOのメンバーや地元CATVのアナウンサーなど地域で活躍している民間の有志をメンバーとするプロジェクトチームをフォーラム内に設置し、地域住民から「これは置賜の宝だ!」と思うものを広く募集し、それらを個性ある切り口で解説してウェブ上で情報発信していきます。
 メンバーたちは、まず自分たちが楽しくなければよい仕事はできないと和気あいあい。自分たちの発想によりこれまでにないユニークな地域情報を発信しようと意欲たっぷりに活動しています。
 そして、地域住民を巻き込むためにメンバーが地域へと飛込み、書き手の決定から原稿の作成・依頼、ページの作成等の一連の作業を行い、これらを通じて人と人とのネットワークを広げ、その中からまた新しい協働を行うきっかけをつくっていくことを目指しています。
 ホームページは現在作成途上ですが、その経過等も逐次掲載していますので、ページを覗いてみてください。

お問い合わせ
山形県置賜総合支庁地域振興課
電話番号 0238-26-6019
置賜の宝発掘プロジェクトHP
http://okibun.jp/

yamagata 201012.JPG
     置賜の宝発掘プロジェクトホームページ                  置賜の宝「置賜発!環境精神・草木塔」