ふくしまファンの輪が広がっています!

 東京駅八重洲南口近くにある本県の情報発信拠点「福島県八重洲観光交流館」は、昨年7月のオープン以来、平日はサラリーマン、休日は買い物を楽しむ家族連れなど、多くの皆様にお越しいただき、今年9月には延べ来館者数が20万人を突破しました。
 交流館では、より多くの皆様に「ふくしま」のファンになり、本県に足を運んでいただけるよう定期的に県内市町村のイベントを開催するなど、都心で「ほっとする、ふくしま」のさまざまな魅力を発信しています。
 イベントを開催すると本当に多くの方が駆け付けてくださいます。中には熱心なリピーターの方もいらっしゃいます。
 そうした方々の多くが入会しているのが、「ふくしまファンクラブ」です。平成19年の発足以来、多くの皆様に入会いただき、このたび会員数が5,000人を突破しました。
 ファンクラブは年会費無料で、随時入会可能、インターネットからも申し込めます。入会後、会員証と白河ミニダルマをお送りします。会員特典として、会員証提示で福島県内の観光施設などの割引サービスが受けられるほか、年4回、ファンクラブ会報とともに本県の観光・物産・ふるさと暮らし情報や、イベント情報などをお送りします。
 県外で「ふくしま」を体感できる最大規模の催しが、「大交流フェア」です。東京池袋のサンシャインシティ(4階展示ホールA)で毎年開いており、今年は12月19日(日曜日)に開催します。
 今回の目玉は新たに設けるフードコート。今年、B-1グランプリにも参戦した「なみえ焼きそば」を始め、「喜多方ラーメンバーガー」や「福島円盤餃子」など、県外ではめったに味わうことのできないご当地グルメ満載で皆様をお待ちしております。

お問い合わせ
福島県観光交流課
電話番号 024-521-7287
八重洲観光交流館
電話番号 03-3275-0855

fukushima201012.JPG