スキー発祥100周年

 1911年1月12日、新潟県高田町(現・上越市)の金谷山にて「mettez les skis !(スキーを履きなさい)」のかけ声とともに日本で初めて組織的なスキー指導を行った人物がいました。オーストリア・ハンガリー帝国(当時)のレルヒ少佐です。そのころの日本は、日露戦争で勝利を収めており、世界各国から、多くの軍人が視察のために日本を訪れていました。その中にレルヒ少佐の姿もあったのです。レルヒ少佐がスキーの名手であることを知った陸軍13師団(現・陸上自衛隊高田駐屯地)の長岡外史師団長は、レルヒ少佐にスキーの指導を積極的に働きかけ、その結果、日本に初めてスキーが伝えられたのです。
 2011年1月、スキー発祥100周年を迎える新潟県では、「元祖スキー天国にいがた」のキャッチフレーズの下、特に、次世代を担う子供たちにスキーの楽しさを認識してもらえるよう、さまざまな取組みを展開しています。
 具体的には、スキーを初めて体験する小学生を対象に、無料レッスン「レルヒさんスキースクール」を県内16のスキー場で土日祝日に開催します。楽しみながら滑ることができるようになる無料レッスンが特徴で、レルヒ少佐をモチーフにしたゆるキャラ「レルヒさん」が実演指導を行います。また、レッスンの受講に当たっては、ウェアや道具類のレンタルは最新のものを完備するほか、レンタル料金・リフト料金の割引、スクール修了証の授与など、特典も盛りだくさんです。
 ほかにも、通常のスキースクールへ入校される方(小学生から大学生)を対象に、スクール開始前の不安を取り除く20分間の無料ウォームアップレッスンの実施、キッズパークの充実など、子供に優しい企画を用意しています。
 当時、レルヒ少佐は、軍人だけでなく、男女官民の差なく、誰もがスキーを楽しめるよう、たくさんの人に指導・普及活動を行いました。新潟県では、スキー発祥100周年を機に、より多くの人からスキーを楽しんでいただけるよう、レルヒ少佐の取組みから学んださまざまな企画を用意しています。
 この冬は、家族連れで新潟県のスキー場にお越しください。皆様のご来場をお待ちしております。

お問い合わせ
新潟県産業労働観光部観光局観光振興課
電話番号 025-280-5254
ファックス番号 025-211-3533

niigata201012.JPG

    苗場スキー場のオープニングイベント  先頭がレルヒさん