こども文化体験教室を開催しました!

 猛暑が続く夏休み最後の週末、小学4~6年生を対象とした2泊3日のこども文化体験教室を開催しました。この文化体験教室は、本県文化の活性化と次世代へ文化の継承を図ることを目的として、今年度初めて実施したものです。
 県内各地から集まった約100名の子供たちが、「将棋」「和太鼓」「演劇」「連句」「美術」の各教室に分かれ、県内で活動している文化団体の皆さんが講師となって指導を行いました。それぞれの文化活動に初めて触れる子供たちでも楽しみながら体験できるよう、遊びやゲームの要素を多く取り入れるなど各教室において工夫を凝らした結果、子供たちはお互いに協力しながら積極的に参加することができました。
 最終日には、それぞれの教室に参加した子供たちが一堂に会して成果発表を行い、学んだ成果を堂々と披露する子供たちに、保護者からは盛大な拍手がおくられました。
 教室終了後のアンケートでは、「今まで『文化』は難しいイメージだったけど、体験して楽しいイメージになった」「文化についてもっと知りたい」「文化っておもしろい」などの意見が寄せられ、「これから何か始めてみたい」と多くの子供たちが答えるなど、子供たちにとって文化がこれまでよりも身近な存在になったことがうかがえる結果となりました。
 今回の成果を受け、今後も将来を担う子供たちにさまざまな文化に触れる機会を提供する事業に積極的に取り組んでいきたいと考えています。

ehime 201012.jpg

子供たちが描いた作品(美術)           成果発表「ピーターパン」(演劇)