『がんばろう!岩手、つながろう!岩手』全国各地からのご支援に感謝申し上げます

 東日本大震災の発生から、3ヵ月以上が経ちました。既にご承知のとおり多くの沿岸市町村が甚大な被害を受け、岩手県では、6月14日現在で死者4,534人、行方不明者2,625人、そしていまだに18,641人の方が避難生活を送っています。
 行政機能も壊滅的な被害を受け、多くの自治体職員が被災する中、全国からたくさんの方々が応援に駆けつけてくださいました。
 国や他の自治体から被災市町村への職員派遣は、延べ29,000人を超えており、避難所の運営支援、物資仕分け業務、応急仮設住宅建設、義援金受付支援、保健師業務など様々な分野で活躍していただいています。
 さらに、全国知事会を通じて岩手県に66人の職員が派遣されており、漁港漁村復興関係や道路、河川、海岸、港湾工事関係の業務に当たっていただいています。
 また、現地での支援のみならず、全国各地で復興応援物産フェア等の開催や、義援物資、義援金など数えきれないほどの温かい応援をいただいていますことに、心から感謝申し上げます。
 復興への道のりはまだ始まったばかりですが、皆様の応援に支えられ、新たな一歩を踏み出しています。
 引き続きのご支援をよろしくお願いします。

お問合せ
岩手県秘書広報室広聴広報課
電話番号 019-629-5283

iwate201107.jpg

物資仕分け支援に当たっていただいた他県等からの派遣職員の皆さん
(岩手産業文化センターアピオにて)