高橋尚子杯ぎふ清流マラソンを開催しました!

 平成23年5月15日(日曜日)、北京五輪銀メダリストのキャサリン・ヌデレバ選手を始めとするトップランナーと全国からの市民ランナー約10,000人が集まり、第1回高橋尚子杯ぎふ清流マラソン(大会長は本県が誇るオリンピック金メダリストの高橋尚子さん)が岐阜市で開催されました。
 第1回目の開催となる今回は、「心と心をつなぐのは今~ Run for 東日本~」のメッセージの下、東日本大震災からの復興支援を掲げるチャリティー大会として開催されました。
 コースは、高橋尚子さん監修によるもので、本県を代表する清流長良川の瀬音、金華山の新緑、格子戸の町並みなど、岐阜の魅力を存分に感じていただける設定になっています。
 大会当日は爽やかな五月晴れの下、大勢のランナーが金華橋通りから岐阜駅前、川原町、長良川河畔を駆け抜ける様子は圧巻の一言でした。コース沿道には地域の方々による自発的な給水所が設けられたほか、名物の鮎のお菓子やういろうなどが振る舞われ、遠方から参加したランナーに大変好評でした。
 高橋尚子さんは、ご自身もハーフマラソンに出場し、ゴールした後も、ゴールゲート付近で後続のランナー全員をハイタッチで迎え、その後も息つく間もなくチャリティーオークションやトークショーに出演するなど驚異的なスタミナで会場を飛び回り、まさに高橋尚子杯の名のとおりの大車輪の活躍でした。
 来年はいよいよ「ぎふ清流国体・ぎふ清流大会」が開催される、まさに「スポーツイヤー」。今回の開催結果を踏まえ、より充実した大会に、そして、新たな岐阜の初夏の風物詩としてますます盛り上がっていくことが期待されます。

お問合せ
教育委員会スポーツ健康課
電話番号 058-272-8769

gifu 201107.jpg