舞鶴若狭自動車道 開通に向けて

 現在、西日本高速道路株式会社が建設している舞鶴若狭自動車道は、中国自動車道の吉川ジャンクションから分岐し、福井県の敦賀市までの延長約162km の高速自動車道です。
 その舞鶴若狭自動車道小浜西IC~小浜IC間が7月16日(土曜日)15時に開通します。
 今回の開通により、関西圏から若狭小浜へのアクセスが向上し、夏の行楽シーズンを迎え、海水浴に訪れる観光客の増加が期待できます。
 例年ですと、この季節は県内外からの観光客でにぎわい、若狭湾岸を走る国道27号が混雑しますが、舞鶴若狭自動車道はその代替ルートとなってスムーズな観光を楽しんでいただけるものと思います。
 平成26年度には、敦賀ジャンクションまでの全線が開通。関西・中京・中国・四国からの人や物の交流が拡大することはもちろんですが、中国自動車道、名神高速道路、北陸自動車道と一体化し、日本海側に新たな高速交通ネットワークが広がることになります。
 北陸新幹線を含め、日本海側の大きな国土軸を形成するインフラは、アジアシフトが進む世界経済の潮流への対応や大規模災害時の広域代替ルートとしての機能を果たすとして、早期整備が不可欠なものです。
 福井県では、これら高速交通網の一日も早い整備促進を目指し、引き続き国や中日本高速道路株式会社に働きかけていきます。

fukui 201107.jpg

関西・中京圏からのアクセスが向上