鳥取県版クールビズ「ハートホット・クールビズ」を開始

 鳥取県では、暑い夏をより涼しく快適に過ごすだけでなく、Tシャツを着用することで地域活性化・県政PRにもつなげて新たな魅力発信をする、そんな新たなタイプのクールビズが始まっています。
 この取組は、冷房の温度設定を28度にして軽装化を図るという従来のクールビズから、更に一歩踏み込んだ、名付けて「ハートホット・クールビズ」。「人にやさしく、地域にアツく、そしてエネルギーにはクールに!」を合言葉に、地域・産業振興の観点も踏まえて、クールビズを楽しみながら仕事をすることを目指しています。
 地域振興・県政PRにつながるデザインのTシャツのほか、絣や染物など地元ゆかりの特産品を活用したシャツの着用を推奨。「ゲゲゲの鬼太郎」、「名探偵コナン」など地元ゆかりの漫画や「全国豊かな海づくり大会」などの鳥取県が実施する大規模イベント、伝統の技「鏝絵」をあしらったものなどバラエティに富んだデザインのシャツが庁内を彩っています。
 東日本大震災後の節電に対する機運の高まりを受け、県職員が率先的にエコな県庁を目指して、昨年度より期間を延長して5月23日から10月31日まで実施。特に情報発信力がある取組、職場の活性化につながった取組などについては、「ハートホット・クールビズ大賞」として知事からの表彰も予定しており、職員の独創的なアイデアや協働の取組が広がっています。

お問合せ
鳥取県生活環境部環境立県推進課
電話番号 0857-26-7874

tottori201107.jpg

「全国豊かな海づくり大会」PR ポロシャツなどを着用して勤務する職員