まちの達人がご案内「てくてくさぬき」開催中

 自然の中で思いっきり遊んだり、自ら体験してみたり、時間を忘れて夢中になれるのが、この夏是非お薦めしたい「てくてくさぬき」。
 香川県では、年間を通してまち歩きや体験など、「てくてくさぬき」を県内全域で繰り広げています。
 現在は、夏のシリーズを開催中です。「歴史・伝統・芸術」「まち・ひと・生活」「遊・体験」「食」「自然・遍路」など、様々なジャンルから、多数のコースをそろえ、香川の素顔を探ることができます。
 高松エリアでは、「むれ源平石あかりロード2011」を、地元石材業の青年部が中心メンバーとなった石あかりガイド隊や源平史跡ガイドが案内してくれます。地元特産の庵治石などを加工した"石あかり"が、26年前の源平屋島合戦の史跡と史跡を結びます。約1km の道のりには、史跡が数多く残され、幻想的な雰囲気の中、ガイドの案内で源平ロマンがよみがえります。
 中讃エリアでは、「うたづでゲンキに塩づくり」を楽しめます。自然の恵みと、先人の知恵が凝縮された入浜式の塩づくりを体験できるコース。むらの技能伝承士などの詳しい解説があり、夏休みの自由研究にもお薦めです。浜師に扮(ふん)し、一仕事の後は、塩アイスでほっと一息。
 小豆島エリアでは、夏らしいシーカヤックツアーはいかがですか。無人島を目指し、シーカヤックに乗って、海をのんびり"散歩する"のも素敵な思い出になることでしょう。
 まち歩きからディープな体験コースまで、まちの達人(ガイド)がご案内します。ゆっくり、じっくり、ガイドがあるからこその奥深さが加わり、充実のコースばかりです。楽しみながらまちを歩き、今まで気が付かなかった香川の魅力を再発見してください。
 皆さんの参加をお待ちしています。

お問合せ
わがかがわ観光推進協議会(香川県観光振興課内)
電話番号 087-832-3360

kagawa201107.jpg