「長崎県産陶磁器ブランド確立事業」~三川内焼と波佐見焼~

 平戸の御用窯として技術を磨き、その伝統を守り続けてきた三川内焼と、大量生産によって安価な器を提供し、庶民の食卓を彩ってきた波佐見焼。長崎を代表する両産地は異なる歴史を持ちながら、400年以上にわたり人々の暮らしに大きな役割を果たしてきました。
 しかしながら、消費者の好みの多様化や生活スタイルの変化により全国の陶磁器産地の景気は低迷し、本県の主要地場産業である三川内焼・波佐見焼の生産額も年々減少しています。
 このような状況の中、県では、産地と一体となり、三川内焼・波佐見焼の知名度向上や販路拡大に向けた、首都圏等大消費地でのマーケティング活動やプロモーション活動、PR活動などを展開する「長崎県産陶磁器ブランド確立事業」を実施しています。
 呉須(ごす)による「唐子絵」などの絵付けや「透かし彫り」による細工物など、独特の技巧を凝らした『魅せる器 三川内焼』、若い女性をターゲットにした商品づくりや、機能性食器、無鉛化への取組など、暮らしに合わせて変化し、常に新しい技術に取り組みながら良質の焼き物作りを続けている『おうち器 波佐見焼』、どちらの焼き物の里からも魅力的な作品が送り出され続けています。
 皆さんも陶磁器を見つめ直して、日々の食卓に彩りを添えてみませんか。