夏だ!沖縄だ!マンゴーだ!

 長かった梅雨も明け、沖縄に本格的な夏が到来しました。パイナップルやシークヮーサーなど、沖縄の夏には様々なトロピカルフルーツのラインナップがそろうが、中でも欠かせないのが、南国沖縄の焼け付く日差しを全身に受け育った「マンゴー」です。果汁の甘みが濃厚な黄色の果肉の中に「これでもか!」と凝縮され、一口食べると口の中いっぱいに南国が広がります。
 沖縄県のマンゴー栽培については、生産農家の方々や出荷団体など、先人たちの絶え間ない努力が実を結び、生産量・出荷額ともに全国第1位になるなど、沖縄県を代表するトロピカルフルーツに成長しました。県外市場でもその品質が高く評価されています。
 国内マンゴー発祥の地である沖縄県では、その美味しさを多くの方々に味わってもらおうと、7月15日を「マンゴーの日」として定め、その前後にマンゴーコンテストや直売所等におけるマンゴーまつりなど、県内外で様々な販売促進キャンペーンを行っています。
 お中元などの贈答品として、また、家庭でのちょっとリッチなデザートとして、沖縄県産マンゴーを是非ともご賞味ください。

okinawa 201107.jpg