2011 かごしまの新特産品コンクール ~新しい特産品で地域を元気に~

 鹿児島県は、多様化する消費者ニーズに対応した売れる商品づくりを促進するため、鹿児島市や公益社団法人鹿児島県特産品協会と合同で「かごしまの新特産品コンクール」を開催しています。
 昨年は九州新幹線鹿児島ルートが全線開業した初年度に当たり、出品者の関心も高く、過去最高となる180の企業等から出品がありました。
 その中から、食品部門は『桜島ぶり六彩膳(株式会社山口水産)』、工芸品部門は『和装用ブライダルブーケ" codzuchi(こづち)"( enmoyukari(えんもゆかり)エンタープライズ)』が栄えある知事賞に選定されました。
 このコンクールに入賞した商品は、鹿児島県内はもちろん、首都圏の百貨店や量販店など全国の流通関係者や消費者の方々にPRを行っており、多くの店舗で取り扱いをいただいております。これまで、全国放送のテレビ番組で取り上げられ、インターネット通販を中心に年間100万個を売り上げるまでになった『生クリーム入り冷たいメロンパン薩摩コレクション(有限会社クレア・ファータ)』など大ヒット商品も誕生しております。
 ほかにも、鹿児島県指定伝統的工芸品である「薩摩つげ櫛」を活用した入賞商品は、入賞後のPRによって販売額が大きく増加し、伝統的工芸品産業の振興にも寄与しています。
 また、九州新幹線全線開業により、本県への観光客の増加やビジネスチャンスの拡大が期待されていることから、専門家派遣による入賞商品のブラッシュアップや全出品商品を紹介するホームページの開設、過去の入賞商品を掲載した新幹線全線開業記念パンフレットの作成配布などの新たな取組も実施し、広く全国に PRすることとしています。

【お問合せ】
鹿児島県かごしま PR課
電話番号 099-286-3050
かごしまの新特産品コンクール 検索