北陸新幹線の金沢開業を見据え、おもてなし向上のための施策を推進!

 3年後に迫った北陸新幹線の金沢開業。多くの観光客に石川県に来ていただけるよう、県では、県民総ぐるみでおもてなしの向上を図るため、様々な取組を進めています。昨年11月には、おもてなし向上に向けた意識を県民全体で共有するため、「能登地区おもてなし推進大会」を開催しました。
 当日は約200人が参加する中、県内外の先進地による取組の事例発表のほか、能登町の農家民宿「春蘭の宿」の女将である多田寛子さんによる「おもてなし宣言」が行われ、県民挙げて、おもてなしの向上に努めることを誓いました。

多田寛子さんによるおもてなし宣言の様子

このほかにも、昨年8月、観光・地域・交通団体や行政などで構成する「ほっと石川おもてなし推進協議会」を設立し、官民一体となって、おもてなし向上に取り組んでいます。
 また、観光業界で指導的役割を果たす方を対象にした「観光おもてなし塾」や、地域住民向けの「おもてなし講座」などを実施しているほか、今年度内にはおもてなしに関するホームページを開設する予定です。

「観光おもてなし塾」第2回講座

 さらに、1月21日には、「知事と語るおもてなし推進大会」を金沢市で開催。各分野でおもてなしに取り組む方と知事との意見交換会や、講演会を通して、おもてなし向上の機運をより一層高めていきます。

【お問合せ】
石川県観光推進課   
電話番号 076-225-1542
石川県県民交流課
電話番号 076-225-1362