今年の干支「辰」にちなんで ~恐竜(たつ)年プロジェクト開始~

 福井県では、平成24年の干支が辰年であることから、辰と恐竜を関連付けて「恐竜(たつ)年プロジェクト」を始めました。
 干支に関する話題が多くなる年末から、平成12年の辰年に開館した恐竜博物館を中核に各種イベントを実施。「恐竜(たつ)」にちなんで福井県の恐竜ブランドを発信することで、新たな恐竜ファン・福井ファンの開拓を目指します。
 恐竜博物館では、まず3月末までの期間、辰年生まれの方の入館料を無料としています。入場受付で、免許証など辰年生まれであることが確認できるものを提示していただくことで、そのままお入りいただけます。
 また、1月31日までの期間限定で、恐竜時代の幕開けを告げた三畳紀の恐竜たちの全身骨格(エオドロマエウス・エオラプトル・ヘレラサウルスなど5点)を展示公開しているほか、あわせて、恐竜博物館が誇る「恐竜絵画・彫刻コレクション」の全作品(40点)を特別に公開中。
 お正月には、恐竜博物館に年賀状を募集したところ、たくさんのご応募をいただき、送っていただいた方の中から抽選で恐竜グッズをプレゼント。
 そのほか、館内のショップで恐竜グッズ福袋も販売したところ、大変な人気で大好評でした。
 さらには、「恐竜ガールズ」を編成し、各種メディアへの出演や出向宣伝などにより、恐竜(たつ)年を盛り上げています。
 福井県では、今後ともこうしたイベントで「恐竜王国ふくい」をアピールしていきます。

元気いっぱいの恐竜ガールズ