奈良県は、とっても元気です! ~紀伊半島大水害からの復旧・復興~

 昨年9月、台風12号が紀伊半島を襲い、甚大な被害が出ました。特に県南部地域では、山腹崩壊などにより死者14名、行方不明者10名、今もなお避難生活を余儀なくされている方もおられます (昨年12月12日時点)。県では、災害発生当時から、国や市町村、関係機関と力を合わせて復旧・復興に全力で取り組んできました。

現状

 現在は、仮設住宅が完成し、道路の復旧も進み、一部迂回路を通れば、県南部地域まで通行することができるようになりました。被災した市町村も復旧・復興に向けて元気に頑張っています。
 しかし、特に被害の大きかった県南部地域については、風評被害により宿泊者が減少しており、県は宿泊観光客を呼び戻そうと、平成23年11月15日~平成24年3月31日の期間利用できる「奈良県南部地域復興支援プレミアム宿泊旅行券」を発行しました。10,000円の宿泊旅行券を8,000円で購入できるというもので、宿泊観光客の誘致に大変効果を上げています。

今後

 早期の災害復旧と「災害に強く、希望の持てる」地域づくりを進めるために設置された「紀伊半島大水害復旧・復興推進本部」において、被災した市町村からの意見・要望を基本に据え、年度内に「復旧・復興計画(仮称)」を取りまとめます。県と市町村、関係機関が一丸となって復旧・復興に取り組んでいきます。
 奈良県南部地域は世界遺産あり、温泉あり、あったかい人との出会いあり、の3拍子そろったところです。是非皆さんも県南部地域へ宿泊・観光に来ていただけたらと思います。

【お問合せ】
奈良県復旧・復興推進室
電話番号 0742-27-7512

世界遺産「熊野参詣道小辺路」にある「果無集落(はてなし)」