「ふくしま七転び八起き宣言」発表!! ~"元気なふくしま"をPR~

 福島県の観光産業は、原子力災害による風評被害の影響を受け、県外からの観光客が著しく減少しています。このような状況を打破するため、県は11月10日、震災後初となる大規模観光キャラバンの一環として、東京・飯田橋にて「ふくしま七転び八起き観光キャラバン交流会」を開催しました。
 交流会は、佐藤雄平知事、県内旅館の女将ら約100名が首都圏の観光関係者約200名を招待。県外からの観光客を呼び戻すため、福島の正しい情報を伝えました。福島の民芸品「起き上がり小法師」にちなみ、女将の会 50名により「ふくしま七転び八起き宣言」を発表。-1.ふくしまは負けないぞ、2.ふくしまの元気を取り戻すぞ、3.ふくしまは何度でも立ち上がるぞ-と、観光復興への思いを力強く宣言しました。
 知事からは「風評被害を払拭するには、福島に一度来てもらうことが大切。皆さんの協力をお願いします」と、本県への協力を要請。県しゃくなげ大使の女優・三田佳子さんや福島市出身の俳優・佐藤B作さんも応援に駆けつけ、心温まる応援メッセージを寄せていただきました。
 会場では、県オリジナル品種の新米「天のつぶ」のおにぎりや、いかにんじん、こづゆなどの郷土料理、地酒などが振る舞われ、またスパリゾートハワイアンズのフラガールによる華麗な踊りが披露されるなど、"元気な福島"や"福島の食"をPRしました。
 福島県の観光復興は始まったばかりですが、再び「観光地ふくしま」を復活させるため、今後とも官民一体となって全力で取り組んでまいります。
 引き続き、皆様からのご支援をお願いいたします。

【お問合せ】
福島県観光交流課
電話番号 024-521-7286

女将の会らによる「ふくしま七転び八起き宣言」を力強く発表