2月23日は「富士山の日」-美しい富士山を後世に-

 古くから人々の心を惹きつけてやまない富士山。雄大さとたぐいまれな美しさを誇る偉大な山であり、わたくしたち国民全ての宝です。
 静岡県では、今年で3回目の「富士山の日」を迎えるに当たり、県民の皆様一人一人が、富士山について「学び」、「考え」、「想いを寄せ」、そして「行動する」県民運動を展開しています。
 また、世界文化遺産登録の推進に向け、本年度、2月23日を「富士山の日」とする条例を定めた山梨県とともに、「富士山世界文化遺産両県県民会議」を発足させ、両県の行政、団体、企業等が一体となって気運醸成を図る取組を進めていきます。
 2月23日の「富士山の日」には、富士山に対する関心を一層高め、理解と知識を深めていただけるよう、静岡市において、県内各界関係者、県民の皆様の参加を得て、「富士山の日フェスタ2012」と銘打ち、「富士山世界文化遺産両県県民会議」の発足宣言や富士山にちなんだ講談、富士山世界文化遺産フォーラム等を開催するとともに、浜松市の浜名湖ガーデンパーク、富士市の富士山こどもの国では、親子で富士山について楽しく遊び、学べるイベントを開催します。

「富士山の日」を記念して多彩なイベントを開催

 また、静岡県立美術館では、富士山にまつわる収蔵品展「富士山の絵画2012」(1月31日(火曜日)~3月11日(日曜日))、全国から「ふるさと富士」の写真を募集した「秀景ふるさと富士写真展(2月18日(土曜日)~2月26日(日曜日))を開催するほか、昨年度、万葉の時代から現代に至る古今の歌人が詠んだ「富士山の短歌」の中から心に残る歌を全国から募集し編纂した「富士山百人一首」を鑑賞するポイントや詠み人の略歴をタペストリーで展示する「富士山百人一首」巡回展示会を県内各地で開催します。
 このほかにも、全県を会場に、県のほか、市町、民間企業・団体の協賛により、富士山に触れ、その魅力を体感できる多彩なイベントが開催されます。

富士山の日に関する情報はこちら
静岡県 富士山の日 検索