世界農業遺産・能登を巡るスマートドライブプロジェクトの実施

 昨年6月に国内初の世界農業遺産として認定された能登の里山里海を、環境にやさしい車で、スマートフォンなどの情報端末を活用しながらドライブする、「世界農業遺産・能登を巡るスマートドライブプロジェクト」を、新年度にモデル的に実施することとしました。

 

世界農業遺産・能登を巡るスマートドライブプロジェクト概略図

 これは、能登半島を効率的に周遊するために提供する「里山里海ドライブルート」上の幾つかの場所に、公衆無線 LANのアクセスポイントを設置して、スマートフォンなどの端末で、世界農業遺産の魅力を解説する映像などをご覧いただきながら、登録資産を実際にご覧いただくことができるというものです。
 また、ドライブする際には、環境に優しい電気自動車やプラグイン・ハイブリッドカーを利用していただくことを想定し、充電スタンドも併せて設置します。

 

能登の里山里海ドライブイメージ

 さらに、充電スタンドから供給される電力については再生可能エネルギーにより賄うなど、世界農業遺産のイメージをアピールするために、「エコ」にこだわります。
 日本の原風景というべき世界農業遺産「能登の里山・里海」の発信を通して、能登空港の利用促進を含めた観光誘客、再生可能エネルギーの普及、さらには、公衆無線 LANを活用した新たなビジネスの創生を目指します。今後詳細を検討し、早ければ、夏頃の供用を目指して、協賛企業や地元市町とも連携しながら取り組んでいきます。

【お問合せ】
石川県産業政策課
電話番号 076-225-1519