うどん県は、花もすごい!

 香川県には、栽培技術が全国トップクラスの花がたくさんあります。
 カーネーションは、昭和6年頃に栽培が始まり、昭和60年代には 100戸を超えて栽培が拡大し、全国有数の産地となりました。消費面でもカーネーションの利用が増え、市場からの多彩な品種へのニーズと、さらなる競争力の高いブランドの確立のため、県ではオリジナル品種の育成に力を注いでいます。
 その一つが、剣咲きタイプのカーネーション「ミニティアラシリーズ」。これまでにない花の形で、小さくかれんな花びらがティアラ(冠)を思わせます。細い花びらが目新しく、市場で好評なため、このシリーズの「ピンク」と「クリーム」に加え、今年新たに、やや濃い桃色の「コーラルピンク」が仲間入りしました。
 若手生産者を中心に生産振興に積極的に取り組む香川のオリジナルカーネーション。日持ちも良く扱いやすいので、ウェディングブーケやアレンジメントにも人気です。別名「妖精たちの冠」。心に春を届けてくれそうな愛らしいミニティアラシリーズです。
 ラナンキュラスの新品種育成にも取り組んでいて、丸い蕾が「てまり」に似ていることから名付けられた「てまりシリーズ」は、1株からの切り花本数が多いのが特徴です。主な品種として、県育成の「紅てまり」「雪てまり」と、県内の栽培者が選抜した「桜てまり」などがありますが、人気が高いことから、今年新しく、白い花びらの外側がピンク色の「小春てまり」が加わりました。
 ラナンキュラスの栽培農家も徐々に増え、現在は全国4位の面積にまで栽培が広がっています。今後も、一層の生産拡大が期待されています。
 花の生産だけでなく、花の消費量も多い香川県。都道府県所在地別では、1世帯当たりの切り花の年間支出金額が全国3位(2010年高松市)となっています。そのためか、県内にはすてきな生花店が数多くあります。
 作り飾ることで、花は私たちの生活を豊かにします。今年、県内の花関係者が、花を通じた感動と出会いの提案を目的に、「フラワーバレンタイン」の普及に取り組んでいます。世界的には、男性から女性に感謝や気持ちを伝える花を贈ることが多いというバレンタインデーに、是非心を込めて花を贈りませんか。

【お問合せ】
香川県農業生産流通課
電話番号 087-832-3422
HP http://www.pref.kagawa.lg.jp/nousei/santa/syokuzai/flower/flower.htm

     ミニティアラコーラルピンク                   小春てまり