~東日本大震災津波から1年~ 全国各地からの温かい応援ありがとうございます。

あの大震災津波から1年。3月11日は、県民にとって、忘れることのできない、忘れてはならない日となりました。2月17日現在、死者 4,670人、行方不明者1,313人、そして42,000人を超える方々が、仮設住宅などで生活を送っています。
 この1年、全国からたくさんの方々が応援に駆けつけてくださいました。国や他の自治体からの派遣職員は、延べ31,000人を超え、今も引き続き応援をいただいています。
 現地での支援のみならず、がれき受入れの対応、全国各地で復興応援フェアなどの開催など様々な温かい応援をいただいておりますことに、心から感謝申し上げます。
 岩手は深く傷つき、大きな苦しみにつつまれましたが、皆さんの温かい応援を力に、復興へ歩みを進めています。
 昨年は、平泉が世界遺産に登録され、復興に向け希望の光となりました。そして4月からは、県とJRなどが協力して開催する大型観光キャンペーン「いわてデスティネーションキャンペーン」が開催されます。
 キャンペーンの目玉は、沿岸と内陸部を結ぶ「復興応援バスツアー」です。被災者が語り部となり震災時の体験談を語ります。
 また、期間中は盛岡市で5月に開催される「東北六魂祭」など、県内各地で様々なイベントが予定されています。
 これを機会に、前向きに一歩ずつたくましく歩む「いわての人々の笑顔」に、是非会いにいらしてください。笑顔とまごころで皆さんのお越しをお待ちしております。

いわてデスティネーションキャンペーン
2012年4月1日~6月30日
岩手県観光ポータルサイト「いわての旅」HP
http://www.iwatetabi.jp/