埼玉版イクメンへの道 ~育児のヒント集「イクメンの素(もと)」が完成

 核家族率が高い埼玉県では、母親だけでなく、子どもにとって身近な存在である父親が子育てに関わることが不可欠です。
 そこで埼玉県は、一日ひとりで子育てできる父親の育成を目指し、昨年5月に「イクメンへの道プロジェクトチーム」を結成しました。プロジェクトチームは子育て支援に積極的に取り組んでいる民間企業の社員3人と県職員5人で構成され、全員が乳幼児の子どもを持つ現役の父親です。
 この度プロジェクトチームでは、メンバーの体験や失敗談を基に、育児ヒント集「イクメンの素(もと)」を完成させました。これは、育児初心者の父親向けに、おむつの替え方やお風呂の入れ方、寝かしつけのコツなど、0歳から3歳までの月齢別の育児のヒントが詰まっています。
 「イクメンの素」は A5サイズの小冊子で、県少子政策課で配布するほか、4月からは県内の各地域子育て支援センターでも配布する予定。WEB版もありますので、パソコンやスマートフォンでの閲覧も可能です。
 埼玉県では、子育ては特別なことではなく「自分が子どもと楽しむ時間」と捉えて、男性が楽しく育児に参加していくスタイルを応援していきます。

【お問合せ】
福祉部少子政策課
電話番号 048-830-3322
HP http://www.pref.saitama.lg.jp/site/ikumen/