京都式生活・就労一体型支援事業を展開

 生活保護受給者数が全国で207万人を超え、京都府においても60,000人を超える中、働きたい方の思いやニーズが、就労に結び付いていないのではないかということが問題となっています。
 京都府では、様々な事情により就労による自立が困難な生活保護受給者や生活困窮の状態にある方等へのアプローチ、雇用と福祉の連携などについて、研究会を設置し検討を重ね、平成23年7月に「京都式生活・就労一体型支援事業」をスタートしました。
 総合就業支援拠点「京都ジョブパーク」を窓口に、仕事への不安を解消し、常用雇用につなげる企業実習型の「ジョブトライ」を実施するほか、長期離職の状態にあるなど、日常生活の立て直しや就労意欲を取り戻すことが必要な方のためには、社会的な居場所となる地域の拠点を設置し、日常のカウンセリングなどに取り組んでいます。
 12月には、行政を始め、福祉・NPO・経済団体など16団体の参画による「きょうと生活・就労おうえん団」を立ち上げ、オール京都体制で同事業を推進。
 さらに、平成24年度からは、伴走型の支援を行う「パーソナル・サポート事業」と自立支援に向けたカウンセリング、本格的就労につなげるための中間的就労の場の開拓などを一体的に実施することにより、働く意欲のある生活保護受給者などを強力にサポートしていきます。
 福祉や労働といった行政の縦割りを超え、「生活支援」と「就労支援」をスムーズにつなぐ仕組みづくりを進め、一人でも多くの方が、就労による自立と安定した生活再建を実現できるよう支えていきます。

【お問合せ】
京都府健康福祉部福祉・援護課
電話番号 075-414-4557
京都府商工労働観光部総合就業支援室
電話番号 075-682-8912
京都府商工労働観光部緊急経済・雇用対策課
電話番号 075-414-4872

日常生活等自立支援事業<地域拠点>
『りんごの広場』(京都府福知山市)