過疎地域の新たな活力づくりを支援しています!~未来創造支援事業~

広島県では、過疎地域において将来的に若者が仕事を持ち定着できるよう、実効性のある産業対策を計画する市町に対し、「過疎地域の未来創造支援事業」として、その取組の支援を行っています。
 平成24年1月17日には、平成24年度からの支援対象として計画を採択された三次市、安芸高田市、江田島市、安芸太田町、北広島町、大崎上島町、神石高原町の市長・町長と知事が合同で記者発表を行い、各市町の計画概要を公表しました。7市町いずれの計画も、独自の地域資源や潜在力等を生かした具体策が盛り込まれ、地域産業の自立と活性化が期待されます。

知事・市町長合同記者発表

昨年度、計画が採択された、庄原市と世羅町では、既に取組が実施されており、特産品の開発・販売や新規就農希望者への実践研修等、就業機会の確保につながる取組が順調に進み、地域に新たな活力が生まれています。

新規就農希望者 実践研修(世羅町)

今後も市町と連携・協力し、地域の将来を担う若者の就業と定住が促進されるよう、豊かな地域づくりを推進していきます。

【お問合せ】
広島県地域政策局過疎・地域振興課
電話番号 082-513-2632