タイ・バンコク都と友好協力関係強化に関する覚書を締結~両地域のさらなる発展と連携を目指す~

 福岡県は、タイ・バンコク都と 2006年2月に友好提携を締結して以来、青少年、環境、経済など、様々な分野で交流を進めてきました。 2010年10月には、両地域をつなぐ活動拠点として、福岡県バンコク事務所を開設しました。
 今年2月、小川知事が就任後初めてバンコク都を訪問し、タイを襲った未曾有の大洪水に対するお見舞いの気持ちを伝えるとともに、スクムパン都知事との間で友好協力関係強化に関する覚書を締結しました。
 この覚書は、これまでの実績を踏まえ、福岡県とバンコク都、並びに日タイ両国の今後のさらなる発展と連携強化を目指すもので、「青少年交流を積極的に推進し、時代を担う若者同士の理解と友情をさらに深める」、「環境分野における人材育成や技術・産業交流に重点を置き、両地域の良好な生活環境の創出に努める」、「文化・経済分野など民間交流を積極的に支援する」の3項目が明記されました。
 また、公害克服の過程で蓄積した技術やノウハウを活用し、環境人材の育成、環境教育啓発、環境技術の交流及び環境産業の交流を促進することについて合意し、環境協力協定を締結しました。
 3月には、県内大学に通う大学生をバンコク都主催のユース・プログラムに派遣するとともに、環境課題を把握するための調査団を派遣するなど、今後、本県とバンコク都との多様な分野での交流を更に進めていきます。

【お問合せ】
国際交流局交流第二課  
電話番号 092-643-3219
環境部環境政策課
電話番号 092-643-3352

バンコク都知事と協定を締結