宮城の復興情報をJR仙台駅から発信

宮城の旅の玄関口、JR仙台駅3階に、今年3月、街頭液晶掲示板(デジタルサイネージ)が設置されました。NTT東日本宮城支店が、情報発信を通して東日本大震災からの復興を支援するためJR東日本と協力して設置したものです。

仙台駅3階の新幹線中央改札口前の4本の柱、各4面に大型液晶画面が設置され、動画や静止画などの様々な情報が一定時間で画面が切り替って表示される仕組みになっています。

「旅の玄関口」を「県内情報の玄関口」として、県内の復興状況や観光に関する情報などを発信していきます。仙台駅をご利用の際は是非ご覧ください。

 お問合せ
宮城県総務部広報課
電話番号022-211-2283