のびる!松江自動車道~吉田掛合IC・三刀屋木次IC間が開通~

 松江自動車道の吉田掛合ICから三刀屋木次ICまでの12.3kmが、3月24日に開通しました。これにより、中国山地山間部の島根県雲南市吉田町及び掛合町地域と、県庁所在地である松江市や主要な救急医療機関の立地する出雲市などとのアクセスが大きく向上しました。

 松江自動車道は、島根県松江市と広島県三次市を結ぶ約72kmの高速道路で、このうち三刀屋木次ICから中国自動車道と連結する三次JCT・IC(仮称)までは、無料区間として国土交通省により整備が進められています。平成24年度に全線の開通が予定されており、松江市から広島市までの移動時間が2時間50分と開通前より約50分短縮される見込みです。

 また、平成26年度に全線開通が予定されている尾道自動車道や西瀬戸自動車道(しまなみ海道)と連携して、山陰~山陽~四国の連携を強化し、沿線の地域経済の活性化や地域間交流の促進に大きく寄与することが期待されています。

開通記念プレイベントの様子