待望の新県立総合体育館「武道・体育センター和歌山ビッグウエーブ」が完成!

 和歌山県では、平成27年の「紀の国わかやま国体」開催に向けて、競技会場及び強化拠点となる施設の早期整備を進めています。こうした中、県内最大規模の多目的ホールである和歌山ビッグホエールの北側に「武道・体育センター和歌山ビッグウエーブ」が、この度完成しました。

 この施設は、太平洋を優雅に泳ぐクジラ(ビッグホエール)が立ち上げた大きな波(ビッグウエーブ)をイメージして造られ、和歌山ビッグホエールのサブアリーナ機能として有効利用することとなっております。

 ビッグウエーブの完成により、世界的な大規模スポーツ大会を本県に誘致する際に必要な競技会場が整備されたことになります。また、国体開催後も県民の継続的なスポーツ振興を図ることができる施設として活用されていくことを期待しています。

 早速4月には、フェンシングの「ロンドン五輪アジア・オセアニア最終予選」、「2012年アジア選手権大会」、「高円宮牌ワールドカップ」が開催されます。また、7~8月には国体近畿ブロック大会の様々な競技会場としての利用を予定しています。

 和歌山の新しい競技力強化・スポーツ振興の拠点となる和歌山ビッグホエールとともに、和歌山ビッグウエーブがトップアスリートのみならず、大勢の皆様に有効活用していただけることを期待しています。

お問合せ
和歌山県教育委員会生涯学習局スポーツ課
電話番号073-441-3690
ファックス番号073-433-4408

「武道・体育センター和歌山ビッグウエーブ」外観