「防災ノート ―地震・津波からいのちを守る―」による防災学習

 三重県では、近い将来の発生が懸念されている東海・東南海・南海地震等による地震、津波から児童生徒の命を守ることを目指して、全ての児童生徒を対象に防災ノートを作成し、私立学校を含めた県内の全小学校・中学校・高等学校・特別支援学校等に配布しました。

 防災ノートには、二つの目的があります。

 一つは、児童生徒が、学校での指導や家庭での話し合いを通して、学校にいるときや通学時に発生する危険や避難方法、家庭での防災対策等について、防災ノートに書き込み理解することで、命を守ることを考え、行動に移すことができるようにすることです。

 もう一つは、家庭の防災対策の充実です。

 児童生徒の命を守るためには、家庭における防災対策も大切です。そこで、保護者が児童生徒と共に、家庭で防災ノートに取り組むことで、家族の防災意識が向上し、家庭の防災対策が一層充実することを目指しています。

 また、防災ノートは、1.学校・通学経路・自宅での危険とその回避方法、安全な場所への避難などを学ぶ部分、2.避難経路・避難場所・家庭の安全対策・非常持ち出し品の確認など、家庭での備えを家族で話し合ったり、確認したり、自分で書き込む部分、3.地震や津波の基礎知識を学ぶ部分で構成されています。

 各学校には、特別活動の時間などで、平成24年度末までに学校で防災ノートを使った学習をしっかりと行ってもらうとともに、各家庭で防災ノートを使った点検や話し合いが行われるよう、取組をお願いしています。

 また、児童生徒が防災ノートで得た知識と、高い意識をもって、地域での避難訓練に保護者と共に参加するなど、地域への波及効果も期待しています。
 

【防災ノートの種別】

  • 写真左「小学校低学年版」(小学校1年生から3年生を対象)
  • 写真中央「小学校高学年版」(小学校4年生から6年生を対象)
  • 写真右「中高生版」(中学生及び高校生を対象)

お問合せ
三重県教育委員会事務局教育総務課
電話番号059-224-3301
三重県教育委員会HP
http://www.pref.mie.lg.jp/KYOIKU/HP/bosai/note.htm