~県民の安全・安心を守る拠点施設~「富山県広域消防防災センター」オープン!

 大災害に備え県民の安全・安心を守る総合的な防災拠点施設である「富山県広域消防防災センター」が4月1日にオープンしました。災害時には災害対策拠点となり、平常時には消防職団員や地域防災を担う自主防災組織など防災関係者のための訓練・研修の場、県民の防災教育の場となるものとして、県が整備しました。

 センターは震度7クラスの大地震にも十分耐えられる耐震構造で、停電時でも3日間連続運転ができる自家発電設備や、非常食・救助資機材等を蓄える備蓄倉庫、飲料水・トイレの洗浄水を確保できる耐震性貯水槽等、大規模な災害の発生に備えたものとなっています。

 また消防職団員向けの訓練施設としては、全国トップレベルの規模の主訓練塔や可動式潜水専用プールなどの設備を有し、より実戦的な救助訓練等を行うことが可能です。さらに、一般県民向けの体験型学習施設「四季防災館」では、災害を四季ごとに分類し、地震や流水・風雨災害等、四季ごとに特徴的な様々な災害を体験しながら、だれでも無料で楽しく防災知識を学ぶことができます。

 センターは子どもたちを含め県民に広く開かれた施設となるように運営することとしており、開館時間外の団体等の見学や消防団・自主防災組織等の訓練施設の利用についても弾力的に対応していく予定です。センター内には、子どもたちが幼い頃から消防に興味を持ってもらうために、消防職団員の訓練を身近に見学できるよう、芝生の観覧広場も整備されています。

本県ではセンターを活用し、県民の安全・安心の確保に取り組んでいきたいと考えています。

お問合せ
富山県知事政策局消防課
電話番号076-444-3188

体験型学習施設「四季防災館」