茨城空港はお得で便利!~神戸便、上海便増便~

 茨城空港は、首都圏3番目の空港として2010年3月に開港した最も新しい空港です。

 開港当初は国際線1路線と厳しい状況からスタートしましたが、2012年3月7日より神戸便が毎日2往復に増便されるなど、就航路線の拡充が図られつつあります。その他の路線としては、札幌便(毎日2往復)、片道4,000円からの運賃設定のある上海便(水曜日を除く毎日)も運航しています。

 また、茨城空港は、今、注目されている格安航空会社(LCC)を受入れのための先進的な取組が、海外のシンクタンクであるCAPA(航空情報センター)から評価され、昨年「ローコストエアポート・オブ・ザ・イヤー2011」を受賞しました。

 茨城空港は、空港ターミナルビルの前に何日とめても無料の1,300台駐車場を整備するとともに、茨城空港発着の飛行機利用者は、500円で乗車できる「茨城空港-東京駅」間の直行バスも運行しています。

 さらに今年度は、ビジネスや観光などで茨城空港着便を利用される方を対象に、2名様以上で利用して県内宿泊施設を1泊以上すると、レンタカーが1,000円(最初の24時間)でご利用いただける「1,000円レンタカーキャンペーン」を実施しています。

 このような取組のほか、茨城空港公園には、退役自衛隊機を2機展示するなど、自衛隊百里基地との共用空港としての特長を生かした取組や空港ターミナルビル内では、地場産品フェアなど週末を中心に様々なイベントを通して、これまでに約190万人(3月末現在)の方が来場されるなど新たな観光スポットとしても注目されています。

お問合せ
茨城県企画部空港対策課
電話番号029-301-2761・2764