地域の森林づくりマスタープランが完成!

 国の森林・林業再生プランにより、市町村が策定する森林整備計画が地域の森林づくりのマスタープランと位置付けられたことを踏まえ、地域のニーズに適確に対応した、実効性のある計画の作成に向けて、全道179市町村のうち168市町村が「市町村森林整備計画作成のための作業チーム」を設置しました。

 作業チームは、森林・林業に関する専門知識を有する林業普及指導員(准フォレスター)がコーディネーター役となり、市町村、森林管理署、道、道が認定する指導林家、林業事業体などが連携・協力しながら、地域の特性に応じ、水資源や生物多様性を保全する区域のゾーニングや路網整備などの計画を作成しました。

 各市町村は、作業チームの検討を踏まえ、市町村森林整備計画を作成。

平成24年4月からは新たな計画に基づき、地域関係者が一体となって適切な森林整備や地域材利用の促進を図り、地域の森林・林業の再生を図っていくこととしています。

お問合せ
北海道水産林務部森林環境局森林活用課
電話番号011-204-5517

計画作成に向けた現地調査

市町村森林整備計画作成のための作業チーム