「美作国建国1300年~懐かしく新しい未来へ還ろう~」

 岡山県北に位置する美作地域は、春の桜、夏の滝、秋の紅葉、冬の雪景色など豊かな自然や、美作三湯を始めとした個性あふれる多くの温泉に恵まれ、古くから脈々と受け継がれた歴史や文化が息づいています。

 また、最近では「津山ホルモンうどん」(津山市)、「ひるぜん焼そば」(真庭市)、「たまごかけごはん」(美咲町)などのご当地グルメによるまちづくりや、女子サッカー日本代表の宮間あや選手や福元美穂選手が所属する「岡山湯郷ベル」(美作市)を通じたまちづくりなど、地域活性化の取組も盛んに行われています。

 この地域はかつて「美作国」と呼ばれ、出雲と大和を結ぶ要路であった出雲街道が東西に延び、栄えてきました。

 平安時代の初めに編纂された「続日本紀」によると、美作国は713年に備前国から北部6郡が分かれて誕生したとあり、我が国の古代史上において、建国の由来が史料で確認できる数少ない地域の一つです。

 2013年は建国から数えて1300年に当たり、「懐かしく新しい未来へ還ろう」をテーマに美作地域の10市町村が連携して、各地で美作国建国1300年を記念する事業を展開していきます。

 「晴れの国おかやまチャンネル」の「美作国建国1300年」動画でも紹介していますので、是非ご覧ください。

お問合せ
美作国建国1300年記念事業実行委員会事務局

電話番号0868-35-3434
HP http://mimasaka1300.jp/
「美作国建国1300年」動画HP
http://www.youtube.com/user/okayamapref

美作国建国1300年記念事業のロゴマークは、美作地域の10市町村による連携の輪(和)が、
人々の「美しき心」を育み、渦巻くパワーが生まれ「新たな美作の水」となって広がってゆく様を表現しました