「宮城の将来ビジョン・震災復興実施計画」を策定

 宮城県では、県政運営の基本的な指針である「宮城の将来ビジョン」を平成19年に策定し、「富県共創!活力とやすらぎの邦づくり」を県政運営の理念に、14の政策と33の取組を推進してきました。

 しかし、東日本大震災により甚大な被害を被ったことから、本県の復興に向けた道筋を示す「宮城県震災復興計画」を昨年10月に策定したところです。

 計画では、「『復旧』にとどまらない抜本的な『再構築』」など五つの基本理念を掲げ、震災の影響を乗り越えながら最終的には「宮城の将来ビジョン」が目指す将来の姿を目標としています。

 また、これら二つの長期計画の着実な実施と進行管理を行うため、「宮城の将来ビジョン・震災復興実施計画」を今年3月に策定しました。

 実施計画は、震災復興計画の計画期間である10年間のうち「復旧期」に当たる平成23年度から平成25年度までの3年間を計画期間とし、「宮城の将来ビジョン」の実現に向けた127の目標指標と合わせて、災害公営住宅の整備戸数、災害廃棄物残存量など震災復興に向けた50の目標指標を設定しています。

 今後は、計画の着実な推進を図るため、政策評価・施策評価を実施し、その結果を具体的な復興の取組に反映していくこととしています。

 各都道府県の皆様には、発災当初から多大な御支援をいただいていることに深く感謝を申し上げますとともに、今後も引き続きご支援・ご協力を賜りますようお願いいたします。

お問合せ
宮城県震災復興・企画部震災復興政策課
電話番号022-211-2419
HP http://www.pref.miyagi.jp/seisaku/index.htm