「発達障害者総合支援ゾーン」が誕生

 発達障害者の自立と社会参加を支援するための施設を結集した「発達障害者総合支援ゾーン」が4月1日、小松島市の旧徳島赤十字病院跡地に誕生しました。

 発達障害とは、自閉症やアスペルガー症候群など、通常、小さい頃から症状が現れる脳機能障害の総称です。どのような能力にどの程度障害があるかは人によって様々であり、早い段階からの周囲の理解と一人一人の特性に応じたきめ細やかな支援が大切です。

 立地場所となった小松島市の花「ハナミズキ」にちなみ、「ハナミズキ・プロジェクト」と名付けられた本取組では、発達障害者を支援する施設を結集し、全国に類を見ない拠点(ゾーン)を構築。発達障害者やその家族が安心して充実した生活を送ることができるよう、ゾーン内の各施設が連携して総合的な支援を行います。

 ゾーンには、福祉機能を担う総合窓口「発達障害者総合支援センター ハナミズキ」、発達障害のある高等学校段階の生徒を対象として、社会的・職業的自立に向けた教育を行う特別支援学校「みなと高等学園」、発達障害者に医療面での支援を行う「徳島赤十字ひのみね総合療育センター」、様々な理由により家庭で養育できない乳幼児を養育する「徳島赤十字乳児院」の4施設を設置。それぞれの専門性を生かした支援を始め、相互の連携や外部機関との協力により、乳幼児期から成人期まで、各ライフステージに応じた支援を行います。

 ゾーン内にはオープンを記念してハナミズキが植樹されました。徳島県ではゾーンの拠点機能を最大限生かしながら、早期発見・早期支援から就労支援まで、個々の特性に応じた総合的な支援を展開し、発達障害者支援の「新しいかたち」を全国に発信していきます。