ふるさとに逢える「楽園信州」

 この春、長野県は、東京・有楽町にある東京交通会館2階に、「長野県移住・交流センター」をオープンし、2名の専門相談員が、「住居」と「職業」の相談にワンストップで対応しています。また、同じビルの6階にある、NPO法人ふるさと回帰支援センターにも長野県専用ブースを設置し、全国各地のふるさと情報が集まるこの拠点に、県内市町村のリーフレット等を置き、信州の魅力や暮らしに役立つ情報を発信。さらに、市町村とタイアップして移住セミナー・相談会を年間10回ほど開催し、移住・交流の促進に取り組んでいます。

 県外者を対象とした各種調査によると、長野県は移住先として人気も高く、選びたい都道府県の上位に位置しています。最近の移住者を見ると、都市から出身地に戻って再就職したり、地縁のない地域に移り住んで農業を始めるなど、新しい仕事に挑戦する方も少なくありません。また、週末を田舎で暮らす2地域居住を実践する方も増えています。こうした多様なライフスタイルを提供できると環境が長野県にはあります。

 強みを最大限に生かしつつ、移住や2地域居住を希望する方々に、自然と共生する長野県ならではの充実した暮らしを提供していこうと、本年3月に「長野県移住・交流推進戦略」も策定しました。長野県を選んで暮らす方々にとって真の拠りどころとなる故郷、一人ひとりが主役で輝く故郷を目指して、「楽園信州」をつくってまいります。

お問合せ
観光部移住・交流課
電話番号026-235-7248
HP http://www.rakuen-shinsyu.jp