携帯電話を使って毎日楽しくウォーキングできるシステム「とりっぽ(歩)」を開発!

  平成24年1月に公表された厚生労働省調査の結果によると、鳥取県民の1日の歩数は、男性が、5,634歩で全国最下位。女性は、5,285歩で全国45位という結果が示されました。

 鳥取県は、多くの県民がマイカーを所有し、通勤や日常生活の移動でも車を利用する方が多く、そのような生活習慣が歩数の低下につながっている原因の一つではないかと考えられます。

 そのような現状を踏まえ、鳥取県では、県民の皆さんに日常的に歩くきっかけにしていただこうと、この度、身近にある携帯電話を使って楽しくウォーキングできるシステム「とりっぽ(歩)」を開発し、4月から運用を開始しました。

 このシステムは、あらかじめ設定された推奨コースやパソコン上で自らが設定したマイコースに携帯電話を持って出かけ、携帯電話やスマートフォンのパケット通信によりスタート、通過点、ゴールの位置情報を送ることで、歩行距離等が記録できるシステムです。一定距離に達した方等には記念品を贈呈することとしています。

 また、システムには、ランキング表示機能も盛り込み、システム利用者と共に、競争意識を持ちながら、ウォーキングに取り組めるようにもなっています。

 このシステムを利用していただくことで、多くの県民の皆さんに歩くことに興味を持っていただき、日常的なウォーキングの習慣へとつながっていけばと考えています。

 

県内最大のウオーキング大会
「SUN-IN未来ウオーク」でも大好評 


「とりっぽ(歩)」URL
http://www.torippo.jp/
※ただし、利用できるコースは鳥取県内に限ります。