長崎歴史文化博物館リニューアルと今後の展開

 万華鏡のように多彩に変遷した長崎の歴史や文化。その全貌を観覧することができる長崎歴史文化博物館の常設展示は、所蔵する48,000点のコレクションにより展開しており、平成17年11月3日のオープン以来、多くの方々に好評をいただいてきました。
 この度、歴史の魅力をより分かりやすく紹介できるよう、これまでの経験を生かしつつも新たな視点に立った工夫をこらし、去る4月1日に常設展示をリニューアルオープンしました。

リニューアルのポイント

  1. 歴史資料などの実物を展示して、詳しい情報は最新の検索端末(タブレット)から引き出せるようにしたこと。
  2. 坂本龍馬も訪れた幕末・維新期の展示を大幅に拡大したこと。
  3. 天正遣欧使節など人物にスポットを当てた五つのドラマが大型スクリーンに流れる大迫力の映像コーナーを新設。
  4. 「絵巻パズル」「目利き体験」「活版印刷体験」など、五感を使って体験できる展示を充実など。

 こうした展示を大人から子どもまで満足してもらうために、読みやすい解説パネルの設置や情報検索端末の操作を手助けするスタッフを配置するほか、学芸員の研究体制の整備、解説ボランティアの充実を図る研修などに積極的に取り組んでいます。
 長崎の歴史・文化の魅力を発信する拠点として一新した長崎歴史文化博物館に是非足を運んでみてください。

お問合せ
長崎歴史文化博物館
電話番号095-818-8366