ようこそ日本で最も熱いフェスティバルへ!

 今年で33回目を迎える霧島国際音楽祭が、7月18日(水曜日)から8月5日(日曜日)にかけて、国内外から著名な音楽家や多数の受講生を迎え、鹿児島県霧島市の霧島国際音楽ホール(みやまコンセール)をメイン会場に開催されます。

 この音楽祭は、これまで世界を舞台に活躍する多くの優れた音楽家を育て、音楽を通して国際交流の促進や文化振興に貢献するなど、名実共にアジアを代表する音楽祭として国内外から高い評価を得ています。
 今回も趣向を凝らしたプログラムが満載です。堤剛音楽監督と読売日本交響楽団正指揮者の下野竜也氏が共演する宝山ホール公演や、日本を代表するオペラ歌手の森麻季氏とピアニストの仲道郁代氏、クシシュトフ・ヤブウォンスキ氏(第11回ショパンピアノコンクール第3位)によるザビエル教会コンサートの開催など、世界で活躍する60人余りの音楽家が50公演以上の音楽の祭典を繰り広げます。

 また、今回は、2月1日に亡くなられた当音楽祭の生みの親というべきゲルハルト・ボッセ名誉音楽監督を偲び、追悼特別コンサートを開催することとしています。
 自然豊かな霧島高原で、世界一流の音楽家が奏でる美しいハーモニーを御堪能いただくとともに、鹿児島県の豊かな自然や個性ある歴史・文化にも触れていただき、「本物。鹿児島県」を御体感ください。

お問合せ
霧島国際音楽ホール(みやまコンセール)
電話番号0995-78-8000
HP  http://www.kirishima-imf.jp/