2014年秋「国連ESDの10年」最終年会合(愛知・名古屋)を成功させよう!

 国連が定めた「国連持続可能な開発のための教育(ESD※)の10年」の最終年に当たる2014年秋に、10年間の各国のESDの取組の成果等を取りまとめる最終年会合が、愛知・名古屋で開催されます。
 開催地である愛知・名古屋では、会議の円滑な運営をサポートするとともに、ESDの普及啓発や取組を促進し、最終年会合に向けた開催機運を盛り上げるため、本年5月25日に地元支援組織である「『国連持続可能な開発のための教育の10年』最終年会合あいち・なごや支援実行委員会」を立ち上げました。
 この支援実行委員会では、ESDのことを、多くの人に理解していただき、親近感を持っていただくための取組として、7月17日から8月24日までの間、分かりやすく、親しみやすいキャッチフレーズを募集していますので、皆様も是非、ご応募ください。
 また、今後は、最終年会合の開催を一緒に盛り上げていただける団体等のESDに関する取組やイベントを支援実行委員会の連携協力事業として位置付ける「パートナーシップ事業」の実施についても検討していくこととしており、市町村や県民団体、企業など地元の様々な関係者と共に、開催地元の盛り上げを図ってまいりたいと考えております。こうした取組に加え、この最終年会合の成功のためには、全国的な盛り上げが必要であることから、今後、他の自治体の皆様との連携・交流についても検討していきたいと考えています。

※「持続可能な開発のための教育」(ESD)とは
 環境、貧困、人権、平和、開発といった現代社会の様々な課題を自らの問題として捉え、身近なところから取り組むことにより、それらの課題の解決につながる新たな価値観や行動を生み出すこと、そして、それにより持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動のことです。(ESDは、EducationforSustainableDevelopmentの略)

お問合せ
愛知県環境部環境政策課ESD会議支援室
電話番号052-954-6632
「国連持続可能な開発のための教育の10年」最終年会合あいち・なごや支援実行委員会ウェブページhttp://www.esd-aichi-nagoya.jp/