つがるの"もも"

 青森県と言えば、りんごが有名ですが、秋出しの美味しい"もも"も出荷されていることを御存じですか?
 全国的に"もも"が出回る時期は、7月から8月ですが、青森県は、北国の気候を利用した9月収穫の"秋出し"の産地として知られています。
 日本における"もも"の栽培の歴史は古く、縄文時代に渡来したと考えられていますが、現在流通している品種は明治時代初頭に中国や欧米から導入したものです。青森県においては、明治17年に五戸町の"もも"が県内各地に送られたとの記録があることから、本県の"もも"栽培は120年以上の歴史があることになります。
 青森県内では、もともと果樹栽培がさかんな県南地域で"もも"栽培が行われていましたが、県内のりんごの主産地である中南地域でも、平成10年頃から、積極的に栽培されるようになりました。りんごも"もも"もバラ科の植物。
りんごの栽培技術の応用ができる上に、当時価格が低迷していたりんごの早生種に比べ、"もも"の価格が安定していたためです。
 その後、大きくて甘い"もも"の生産に向けた技術の徹底や集出荷体制づくりに取り組み、年々、作付面積、出荷量共に増えています。
 温暖な気候を好む"もも"は、青森県(及び北海道渡島地方)が分布の北限と言われています。今年の秋は、じっくり、ゆっくり成熟する「つがるの"もも"」を味わってみませんか。

お問合せ
青森県中南地域県民局地域農林水産部農業普及振興室
電話番号0172-32-2903
青森県農林水産部りんご果樹課
電話番号017-734-9492