香川の恵み「さぬき讃フルーツ」

 サンサンとふり注ぐ太陽の恵みがいっぱい詰まった「さぬき讃フルーツ」。
 香川県の果物は、種類が豊富で、四季を通じて美味をお届けできるのが特長。一定の品質基準を満たした自慢の果物をお届けします。
 この香川の新ブランド「さぬき讃フルーツ」は、太陽の「SUN」と香川産の「産」、賛美の「賛」の意味を込めて、讃岐の「讃」の漢字を当て、「燦々とふり注ぐ太陽の下、生産者が心を込めて大切に育てた香川自慢の果物」ということが伝わるように命名したものです。
 県オリジナル品種の温州ミカン「小原紅早生」、キウイフルーツの「香緑」、「さぬきゴールド」、「さぬきエンジェルスイート」などに加え、イチゴの「さぬきひめ」、そして県内で生産が盛んなブドウの「シャインマスカット」や「ピオーネ」、桃の「日川白鳳」、「加納岩白桃」、「あかつき」などと、梨の「幸水」、「豊水」の6品目を対象としています。
 そのロゴマークは、「サンサンとふりそそぐ太陽の恵みを受けて、あっと!驚く美味しさ」を表現。香川のフルーツの魅力が大きく広がっていくイメージをオレンジ色の渦巻き模様に象徴させ、生き生きと飛ぶように育つ様子を、ピンクとグリーン、ブルーの線で表しています。
 6月末に、「さぬき讃フルーツ」のうち夏果物を中心に、第1回の生産者認定を行いました。今回は2個人15団体を認定しましたが、今後も年2回程度、認定を行っていく予定です。
 先月中旬に行ったキックオフイベントでは、試食販売やロゴマーク入りのラッピングカーのお披露目など、「さぬき讃フルーツ」を多くの方に知ってもらい、味わっていただきました。
 香川県は雨が少なくて日照時間が長く、穏やかな瀬戸内式気候で、この気候条件が果物の栽培に適していて、四季折々のおいしい果物を、年間を通じて提供できます。これが本県の強み。うどんだけじゃない香川県の魅力として、全国の皆さんに愛される新ブランドを目指してPRしていきます。
 あっと驚く美味しさを、是非実感してください。

お問合せ
香川県農業生産流通課 
電話番号087-832-3417
HP http://www.pref.kagawa.jp/seiryu/sanukisanfruit/