「瀬戸内国際芸術祭2013」へ期待高まる

 2年前に開催した「瀬戸内国際芸術祭2010」では、国内外から約93万人もの人々が島々を訪れました。
 そして来春、「瀬戸内国際芸術祭2013」がいよいよ開幕となります。
 開催に向け、6月に高松で、7月には東京で、企画発表会を行いました。
 開催地は、前回のエリア(直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、高松港・宇野港周辺)に加え、香川県の西部に位置する五つの島々、沙弥島(しゃみじま)・本島・高見島・粟島・伊吹島が舞台となります。
 会期は、春(3月20日~4月21日)、夏(7月20日~9月1日)、秋(10月5日~11月4日)の3シーズン。季節ごとの魅力を感じていただきたいと思います。
 メインポスターは、前回同様、デザイナーの原研哉さんらが担当。企画発表会で原さんは、「デザインコンセプトは、島々を吹きわたる爽快な風にひるがえる旗で芸術祭への期待感を表現したもの」と説明しました。船上で潮風を全身に浴びながら島々を移動していく時間は、芸術祭への期待をかき立てる貴重な瞬間であり、特色でもあります。ポスターの色合いも、季節ごとの魅力に触れていただきたいと、春は透明感のある白、夏は青、秋は黄金色と変化します。
 参加するのは、16の国と地域から79の作家・プロジェクトで、最終的には100を超える予定です。
 高松の企画発表会では、北川フラム総合ディレクターのほか参加作家自らが構想を説明する場面もありました。男木島では、休校中の校舎を活用し、「昭和40年会」の作家らが講師となり臨海学校を開催したり、小豆島では、坂手港やしょうゆ蔵で有名な「醤(ひしお)の郷」で椿昇さんらが移住をテーマにしたプロジェクトに取り組んだり、新しく会場となる高見島では、京都精華大学の学生らが空き家を活用した展開を行うことなどを発表しました。
 いよいよ動き出した「瀬戸内国際芸術祭2013」。瀬戸内の四季、島そのもののよさを生かした作品展開に期待が高まります。是非瀬戸内の島々へお越しください。お待ちしています。

お問合せ
香川県瀬戸内国際芸術祭推進室 
電話番号087-832-3123
HP http://setouchi-artfest.jp/