母になる人への贈りもの運動~毎月22日は「妊婦さんの日」~

 北海道では、「北海道子どもの未来づくりのための少子化対策推進条例」に基づき、「北の大地☆子ども未来づくり北海道計画」を策定し、社会全体で出産や子育て、子どもの成長を支えることができる社会を目指し、少子化対策の推進に努めてきました。しかしながら、本道の合計特殊出生率は、全国と比べると大きな開きがあるなど、依然として厳しい状況のため、これまでの取組に加え、妊娠期の段階から社会全体で妊婦さんを応援し、妊婦さんの不安や悩みを軽減することを目的とした「母になる人への贈りもの運動」推進事業を平成24年8月から開始しました。
 事業を進めるためのきっかけとなるよう、毎月22日(語呂合わせで「にんぷ」)を「妊婦さんの日」と定め、道民に気配りや心遣いの実践を呼びかけたりするなど、意識の醸成に努めています。
妊婦さんへの安心と思いやりの贈りものとしては、お祝いメッセージを添えた「しおり」や妊娠期の情報や悩み相談などを収録した「妊婦さん応援DVD」を配付する予定です。
 また、車のリアウィンドウに貼れる「車用マタニティステッカー」を配付し、妊婦さんの周りの車両が安全運転に心がけることや商業店舗などの駐車場で入口付近に駐車できるよう配慮をしていただくなど、妊婦さんが安心して外出できる環境づくりを関係機関と連携・協力して進めていきます。

お問合せ
北海道保健福祉部子ども未来推進局
電話番号011-204-5235