「健康長寿埼玉プロジェクト」始動~

 全国一のスピードで高齢化が進む埼玉県。誰もが、毎日が健康で、医療費が少なく、生き生きと暮らすことができる「健康長寿社会」を実現することがとても重要な課題となっています。
 そこで埼玉県では、人口10万人規模の東松山、坂戸、朝霞の3市に対して補助金を交付し、モデル事業を実施することとしました。

 東松山市の「毎日1万歩運動」は、ウォーキングの定着・普及を図るもの。ウォーキングに関する講習会を実施し、市民が6ヵ月間の歩数計測に参加します。
 坂戸市の「野菜もりもり促進事業」は食生活の改善や野菜摂取の促進を図るもの。認知症予防に効果的と言われている葉酸の摂取促進事業や小中学校での食育授業を実施します。
 朝霞市の「団地まるごといきいき事業」は団地のあらゆる世代がいきいき生活できることを目指すもの。体操教室や健康相談、座談会など団地住民と共同で健康づくりメニューを作成します。
 いずれの取組も血液検査、体力測定、アンケート調査などを実施して事業の効果を検証します。
 日本の縮図である埼玉県でこれらの取組が成功すれば、県内の市町村はもとより、日本の課題を解決することにもつながります。
 埼玉県では効果的な取組を「健康長寿埼玉モデル」として構築し、県内及び全国に発信していきます。

お問合せ
埼玉県健康長寿課
電話番号048-830-3578
HP http://www.pref.saitama.lg.jp/site/kenkochoju/index.html