新たに「富士の国やまなしの逸品農産物認証制度」がスタート

 山梨県では、日本有数の日照時間の長さや昼夜の温度差など、恵まれた自然条件に加え、生産者の卓越した技術や努力により、生産量日本一のモモやブドウを始めとする高品質な農産物が各地で盛んに生産されています。
 これらの優れた農産物を「やまなしブランド」として一体的にPRするため、本県では、新たに「富士の国やまなしの逸品農産物認証制度」を7月から開始しました。品質検査体制、出荷実績、エコファーマー取得歴などの信用・信頼や安全・安心に関する要件を満たす認証団体から出荷され、糖度や大きさ、色づきなど、品目ごとに定めた品質基準をクリアした農産物だけを「富士の国やまなしの逸品農産物」として認証しています。現在、認証品目は、モモ、ブドウ(6品種)、スモモ(4品種)、中玉トマト、甲州牛、クリスマスエリカ(スズランエリカ)で、出荷団体は90団体。今後も、品目や出荷団体を順次、追加していく予定です。
 また、制度のスタートに当たり、ロゴマークとキャッチフレーズ「うんといい山梨さん」を作成しました。「うんといい」とは、キモチの込もった最高の褒め言葉で、「山梨さん」には、二つの意味があります。一つは、おいしい農産物を作ろうと努力している山梨の生産者を表す「山梨さん」。もう一つは、山梨で生産された高品質で安全・安心な農産物を表す「山梨産」です。
 鼻が山梨県の形をしているロゴマークは、「うんといい」笑顔を表現。農産物を作る人、手にした人、食べた人、みんなが笑顔になるようにとの願いが込められています。
 高品質で安全・安心な「富士の国やまなしの逸品農産物」を新たなロゴマークとキャッチフレーズと共に、全国にPRしていきます。

お問合せ
山梨県農政部果樹食品流通課農産物販売戦略室
電話番号055-223-1603
HP http://www.pref.yamanashi.jp/nou-han/fujinokuniippin.html