歩いて奈良の歴史を体感する取組

 奈良県では、平成20年度から「歩く・なら」の取組を続けています。重厚な歴史文化やすばらしい自然景観を背景にした魅力あるルートをより多くの方に「歩いて」楽しんでいただくことで、記憶に深く残り得る味わい深い奈良の魅力を感じていただこうという取組です。

 そのための仕組みとして、「歩く・なら」のホームページでは、歴史的、物語的ないわれや伝承のある道、あるいは美しい花、季節を堪能できるなど、奈良でしか味わえないテーマ性、物語性のある道を推奨ルートとして紹介し、思わず奈良を歩いてみたくなるような情報を発信しています。
 特に、現在、本県で展開している「記紀・万葉プロジェクト」に関連して、「古事記、日本書紀、万葉集」をテーマに県内をじっくり歩いて歴史を味わっていただくための17ルートを掲載した「記紀・万葉でたどる奈良」を立ち上げています。
 それぞれの推奨ルートは、記紀や万葉集のゆかり地を巡る道を選んであり、ゆっくりと現地を味わっていただけるよう距離も10km以下に設定していますので、是非現地を訪れていただき、目の前のありふれた草原や田畑に過ぎない風景から古代の風景が立ち現れてくるのを体感してみてください。

お問合せ 
奈良県ならの魅力創造課
電話番号0742-27-8479