和紙彫塑による「弘法大師空海」の世界「密●空と海―内海清美展」の開設

 愛媛県西予市にある愛媛県歴史文化博物館では、平成24年9月8日に新展示を開設しました。世界的に誇れる地域資源「四国遍路文化」の根底である空海の生涯を人形群で表現し、高い芸術性で国際的評価を得ている和紙彫塑家・内海清美氏の作品「密●空と海」の展示です。
 この作品は弘法大師空海の多彩な生涯を、和紙彫塑によって19の舞台で表現して見せるものです。日本古来の伝統的な素材である和紙の特性を生かし、3年がかりで制作された大作で、今回は全19場面のうち弘法大師空海の誕生から仏道修行、遣唐使による入唐、帰朝までの半生を表現した9場面を展示しています。和紙人形約200体によって弘法大師空海の足跡を表現し、音響や最新LEDを使用することで魅力的な総合舞台芸術としての展示空間を演出しています。
 内海清美氏の作品は、ステージに多数の人形を配置し、その人形群が生み出す造形空間と物語性を追求しています。人形という「立体」要素と背景による「絵画」要素の組み合わせによる「新しい空間芸術」の表現です。一般に鑑賞用人形は1体ないしは2体ですが、内海清美氏は和紙人形の群像化により絵巻物のドラマ性の立体次元化を図り、三次元空間の鑑賞視点を取り入れ、物語性の拡大や無限の広がりを試みています。
 この展示の観覧料は無料となっています。この機会に愛媛県歴史文化博物館に是非足を運んでみてください。


お問合せ
愛媛県歴史文化博物館
電話番号0894-62-6222