いちご新品種の名称は「スカイベリー」

 栃木県では、県産いちごの新品種「栃木i27号」の名称を「スカイベリー」に決定しました。
 大きさ、美しさ、おいしさの全てが、大空に届くような素晴らしいいちごという意味が込められています。また、本県にある日本百名山の一つ「皇海山」にもちなんでいます。

スカイベリーの特徴

  •  大きな果実
  •  きれいな円すい形
  •  糖度と酸味のバランスが良く、食味も良い

 名称は、昨年12月に公募し、全国から4,388件の応募がありました。「スカイベリー」は、4名の方から応募がありました。
 スカイベリーの本格出荷は平成26年の冬からです。今年12月には、試験販売を開始するほか、披露イベントなども開催予定です。
 いちご収穫量44年連続日本一のいちご王国栃木。「スカイベリー」のブランド確立を図り「いちご王国とちぎ」のさらなる発展を目指していきます。


お問合せ
県経営技術課 
電話番号028-623-2313